介護の仕事をするために

介護の仕事をするために

介護の仕事は過酷なのか

介護の仕事をしたいという方で考えることの一つに過酷なのかということがあると思います。

 

実際、知人も働いていますが過酷のようです。

 

ですがこれはその人の感じ方というのもありますし、介護でもどのような仕事に就くのかでも変わってきます。

 

たとえば介護事務よりヘルパーの方が大変というのが考えられますし、介護士でも介護レベルが高い人を担当しているほうが大変かもしれません。

 

介護と一言で言ってもいろいろな仕事があるのでまずはどういった仕事に就きたいのかを考えないといけません。

 

当然、給料や夜勤や残業なども考えて選ぶと良いのではないでしょうか。

介護の資格を取る

介護の仕事といってもいろいろあります。

 

そして、資格がないと働けないものもあります。

 

ここで介護資格について書きたいと思います。

 

介護には様々な資格があることはご存知かと思います。

 

国家資格から民間資格まで様々です。

 

難易度も様々です。

 

どういった仕事がしたいのかということを考えて資格も含めて考えてみると良いのではないでしょうか。

 

たとえば介護事務やケアマネージャーなどが人気になっていますね。

 

まあいろいろ調べてみてください。

介護の仕事の給料

介護の仕事は過酷ということが言われていますが、それだけ見合う給料がもらえるのでしょうか。

 

当然、どういった介護の仕事をするのかによって違うとは思いますが、給料は安いのではないでしょうか。

 

実際、割に合わないと思っている方もいると思います。

 

人手不足と言われている介護業界なのに給料が安いので人が集まらないのは当然ですね。

 

今後は高齢化が進に需要が増えるのに人手が少ないというのが問題になっていますね。

 

では今後給料が上がってくるのかというとどうなのでしょうか。

 

多少は上がるかもしれませんがなかなか難しいと私は思っています。

 

働き方としては家事、育児をしながらパートなどで行うのが良いのかなと思っています。

介護福祉士の資格について

介護の資格で人気の一つとして介護福祉士があります。

 

介護福祉士は国家資格で介護の様々な知識が必要になります。

 

気になるのは給料や仕事に関してですね。

 

まず、仕事に関しては介護業界は人手不足ということがあるので仕事に就くことはできるのではないかと思います。

 

介護施設や病院等が仕事先になると思います。

 

この仕事先によってきついということもあるのではないでしょうか。

 

給料に関してはそれほど高くないということが言えると思います。

 

 

介護の仕事で国家資格がいらないこものあります。
事務ですね。
これならそれほどハードルも高くありません。

参考サイト
http://介護事務資格.biz/